ヴィッセル神戸のFWビジャ選手が引退
スポンサーリンク

神戸で現役にピリオドを打つ・スペインのスーパースター

J1・ヴィッセル神戸の元スペイン代表で2010年W杯南アフリカ大会得点王でもあるFWダビド・ビジャ(37)が13日、神戸市内で会見し、今季限りで現役を引退すると発表しました。

12月で38歳を迎えるビジャは夏頃から引退を意識していたそうで、主な引退理由は下記の通り。

サッカーに引退させられるのではなく、自分の意思で引退したい。今がそのタイミングということで決断した

といってもサッカーという競技で38歳でバリバリにプレーし続けていることが既に凄いこと。

長い間、本当にお疲れ様でした。
残りの現役生活も応援したいですね。

神戸で夢のトリオ

神戸人としては"あのビジャ"が来てくれたこと自体が信じられないことでもあり、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと共に3人のW杯優勝経験者のトリオを神戸で見れたこと自体が夢のようでした。

スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介するWEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報を発信して港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Followers 26000 -

おすすめの記事