UNOPS】国連機関が神戸にアジア初の拠点をオープン
スポンサーリンク

国連プロジェクトサービス機関が神戸に

デンマークに本部を置く国連機関「UNOPS」
画期的な技術や発想で新しいビジネスを始める企業、「スタートアップ」を育成し、貧困や保健衛生など途上国が抱える課題の解決を目指している同機関がアジアで初となる「スタートアップ」の育成拠点を11月6日、神戸市にオープンしました。

「神戸に拠点ができることで企業が、日本、兵庫県、神戸市が持つ経験や知識を活用できるようになる」UNOPSグレテ事務局長

新拠点に関しては日本を含む世界98の国と地域の624社から応募があったそうですよ。
選考で5社が育成の対象に選ばれて、神戸を拠点に活動を始めるということなので、今回の神戸での拠点開設を機にビジネスKOBEが盛り上がるといいですね。

選ばれた企業は、県や市、それにこの活動を支えるソニーから技術的な支援などを受けます。
ただコロナ禍の影響で、海外の企業が実際に神戸で活動を始めるのは来年以降に予定されています。

UNOPSとは

United Nations Office for Project Services、国連プロジェクトサービス機関。コペンハーゲンに本部を置く、プロジェクト実施に特化した国連機関。UNOPSは他の国連機関、国際開発金融機関、援助国及び被援助国政府等からの依頼に基づき援助事業のプロジェクト推進を行う。UNOPS

公式サイト

動画で神戸観光

【神戸須磨海岸の全て】端から端まで動画で案内【JR須磨駅から須磨水族館裏からまで徒歩旅】
【動画で神戸観光】元町旧居留地・大丸エリアを散策【マイクロツーリズム】

スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介する地域情報WEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報で港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Followers 30000 -

おすすめの記事