マイクロフォーサーズ規格賛同企業が拡大
スポンサーリンク

フルサイズミラーレスカメラが台頭しているけれど...

今回の記事はカメラに興味がない人にとっては「?」な内容かもしれないのですが、オリンパス・パナソニック陣営が展開するカメラ規格「マイクロフォーサーズ」に新しく3社が加わることになりました。

マイクロフォーサーズ規格賛同企業が拡大

"フルサイズ全盛の時代"に将来性が危惧されがちなマイクロフォーサーズ(パナソニックもフルサイズミラーレスへシフトしつつあるけれど)ですが、個人的にはマイクロフォーサーズが大好きなので、何とか頑張ってほしいと思っていました。

そして今回、新たに賛同企業として加わったのは、下記の3社。
・YONGNUO撮影器材株式会社(中国深圳)
・MEDIAEDGE株式会社(本社・兵庫)
・Anhui ChangGeng Optics Technology Company Limited(Venus Optics、本社・中国)

特にMEDIAEDGEは神戸に本社を置く会社◎

・MEDIAEDGE

神戸に本社を置く映像システムなどを手がける企業。グローバルシャッターを搭載する業務用カメラ「QDCAM」でマイクロフォーサーズ規格に準拠した製品をリリースしている。

2019年はマイクロフォーサーズの雄・オリンパスが立て続けに新製品を発売して盛り上げてくれました。
EM5-MARK3の販売当初のあの価格には少し驚きましたが...

2020年もOLYMPUSからは正統フラッグシップ「OM-D E-M1-MARK3」が発売予定!

今後も魅力的なマイクロフォーサーズ規格のミラーレス・レンズが発売されてほしいところ◎

スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介する地域情報WEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報で港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Followers 26000 -

おすすめの記事