大丸須磨店リニューアル
スポンサーリンク

生まれ変わる大丸須磨店・新しい試み

大丸須磨店

完成イメージ

地元店に愛されている大丸須磨店は、2020年3月15日(日)の開業40周年を記念して、初めての大規模改装を実施。
新ストアコンセプト「須磨の暮らしの真ん中に。『地域共生百貨店』」のもと、名谷近郊エリアのお客様に寄り添い、地域と共に歩み続ける百貨店を目指して、新しく生まれ変わります。

大丸須磨店

1階食品集中レジ

改装は、2020年3月、2021年春(予定)の2段階に分けて行い、郊外店ならではの店づくりを進めてまいります。2020年3月の第1期改装では、強みである1階食品売場のさらなる強化に加え、デイリーニーズに対応する新ショップを導入し、1階~3階の基本環境を一新します。2階はファッション・雑貨売場の再編により回遊性を高め、3階には地域に根付いたテナントを導入します。
さらに、2021年春の第2期改装では、4階への図書館導入を核として、地域密着に繋がるテナントを誘致し、あらゆる世代の「地域交流の場」を目指します。
大丸須磨店は「新郊外店モデル」となるべく、この春、始動いたします。大丸須磨店

第1期改装・・・2020年3月15日(日)オープン予定

1階:食品売場の強化
惣菜の新ショップやイートインスペースを導入し、地域のお客様から需要の高い食カテゴリーを強化します。また、ライフスタイル雑貨のショップも新たに展開し、デイリーニーズを支えるフロアが誕生。
●2階:ファッション・雑貨の再編
3階からの婦人服の移設も含め、ファッション・雑貨の売場を再編し、より見やすくお買い物のしやすい売場になります。
●3階:地域密着テナントの導入
ヘアサロン「パーティ」や「ほけんの窓口」などの地域に根付いたテナントを導入するほか、「手芸の丸十」も移設拡大リニューアルオープンします。今後、テナントゾーンのさらなる拡充を予定。

第2期改装・・・2021年春オープン予定

神戸市の進める「名谷活性化プラン~躍動する多世代共生のまち~」との連携のもと、大丸須磨店4階に「神戸市立名谷図書館(仮称)」が新設されます。百貨店内への公立図書館の本格設置は全国でも初めての試みであり、大丸須磨店、図書館双方の利用者に新たな価値を提供いたします。
あらゆる世代の「地域交流の場」でもある図書館の導入により、大丸須磨店の ESG テーマである「地域社会との共生」を象徴するフロアが誕生します。大丸須磨店

神戸市立名谷図書館(仮称)イメージ

神戸市立名谷図書館(仮称)イメージ

神戸市立名谷図書館(仮称)イメージ

脱百貨店

全国的に有名百貨店が数多く撤退している時代なので、リニューアルオープンというだけで明るいニュースに思えてきて、嬉しくなりますね。

特に今回のリニューアルで4階への図書館導入などは良い試みだと思います。
以前、そごう神戸店閉店の際の記事にも記載した通り、有名アパレルブランドなどを誘致していれば自然とお客様が来る時代は過ぎ去り、百貨店は"尖った十貨店"への形態変化や「まず行ってみたい動機」をつくることが大切だと思います。

百貨店を通して「地域交流の場」を目指す今回の大丸須磨店の試みは時間はかかるかもしれないけれど、成功してほしいですね。

三宮から大丸神戸店へ
スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介する地域情報WEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報で港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Followers 26000 -

おすすめの記事