【絶景すぎた】まやビューライン掬星台からの景色と良縁赤い糸とグルメランチ【針のモニュメント】

今回は神戸・摩耶山へ行ってきました。

まやビューライン(摩耶ケーブル・摩耶ロープウェイ)・掬星台からの景色・グルメを動画を含めて紹介します。

是非、観光の際の参考にしてください。

まやビューライン map

画像・公式サイト

スポンサーリンク

絶景!摩耶ビューラインへ

摩耶山

摩耶山

・住所 まやビューライン
〒657-0105 神戸市灘区摩耶山町2-2

■ 摩耶山・掬星台とは

掬星台は、兵庫県神戸市の六甲山地に属する摩耶山の山頂近くにある展望広場。日本三大夜景の1つ。

摩耶山虹の駅

季節の花も

三宮駅からこう行きました

まずは神戸三宮駅から市バスで摩耶ケーブル下まで行きました。

私が乗った場所はJR三ノ宮駅の高架下。

三宮から摩耶ケーブルへバス

三宮駅から市バスで摩耶ケーブルへ

時間にして大体20分程度だったと思います。

まやビューラインで「春休み子ども無料キャンペーン」

ケーブル駅へ到着

ケーブル下でチケットを購入して、初めての摩耶ケーブルへ乗り込もう♪

摩耶ケーブル

中継地点のロープウェイまで出発

ちなみにケーブルカーのデザインは、私が行った頃には2種類あったように思います。

まやビューラインで「春休み子ども無料キャンペーン」

まやビューラインで「春休み子ども無料キャンペーン」

摩耶ケーブル

ケーブルカー内から見た光景

中継地点でロープウェーへ

摩耶ケーブル

ロープウェー乗り場からの風景

中継地点「虹の駅」でロープウェーに乗り換えます。

摩耶山虹の駅

虹の駅の中には休憩所あり

摩耶ロープウェー

かっこいいロープウェー

ロープウェーを見ると、先日、訪れた布引ハーブ園のロープウェーを思い出しますね。

布引ハーブ園訪問動画はこちら
【ツリーとイルミネーション】古城のクリスマス2021が綺麗すぎたよ【神戸布引ハーブ園】

でも乗ってみると、布引ハーブ園のロープウェイよりもかなり高さがある印象で、景色とスリル楽しみました(笑)

摩耶ロープウェー

摩耶ロープウェー内はこんな感じです

摩耶ロープウェー

高さがある分、見渡せる範囲が凄い

時間にして10分程度乗ったと思います。

乗り継いで星の駅・摩耶山掬星台へ

そして到着したのが、こちらの星の駅=掬星台(摩耶山)。

掬星台

掬星台

標高はこの看板によると690メートルだそうです!

掬星台

掬星台の高さ

掬星台から見下ろす景色はもう最高...

掬星台からの景色

展望台からの景色

摩耶山

山なので少し気温は低い

針のモニュメントが登場

掬星台展望台には「針のモニュメント」が近年登場しています。

掬星台 針のモニュメント

掬星台 針のモニュメント

後述の「赤い糸」を結ぶと良縁にあやかれるとか♪

掬星台に立つ針のモニュメントに願いを込めて赤い糸を通と・・・
星の数ほどある縁の中から良縁が掬いあげられ、あなたの願いが結ばれるかも⁉
摩耶山天上寺で縁結びの祈祷済なのでご利益大!

糸の通し方、願い方は自由です。
いろいろ試して#掬星台の赤い糸で投稿しよう!

恋人同士、友達同士、家族、ビジネスマン、お一人で・・・

素敵なご縁に恵まれることを願っています✨✨まやビューライン

野生動物もたくさん摩耶山

噂には聞いていましたが、本当にイノシシがいました。しかも至近距離での遭遇!

摩耶山で猪

目の前にイノシシ

本当に目の前にイノシシがいました。
こちらは詳しくは下記の記事で掲載しているので、是非チェックしてみてください。

【イノシシ目の前!びびってません...】
【足元にいる...】摩耶山で猪 イノシシと遭遇【神戸掬星台】

まやビューライン

摩耶山に来てにゃー

カフェレストラン CAFE 702

CAFE 702

ロープウェー乗り場すぐにカフェがあります

掬星台には「摩耶ビューテラス702」という施設があって、その中にある「CAFE 702」でカフェ・ランチを楽しむことができます。

カフェレストラン CAFE 702

【カフェ702とは】

軽食・喫茶の定番メニューを幅広く揃え、様々なシーンでご利用いただけます。晴れた日には、カウンター越しに、遥か紀州の山並みまで見渡せる大パノラマが拡がります。私設の図書コーナーも充実しており、霧や雨の日でものんびりお過ごしいただけます。

摩耶カフェ702

店内カウンター席からの景色

こちらのカフェは何と言っても、その景色◎

カフェ702 テラス席

テラス席

自然の空気が美味しい気持ち良いテラス席もあります。

摩耶カフェ702

今回は、「カツカレーライス」「ナシゴレン」をオーダーしました。

摩耶カフェ702

景色を見ながらいつまでもいてしまいそうになる空間。

CAFE 702 摩耶

食後のカフェ時間

ちなみに夜の営業も日によってしているので、是非チェックしてみてください。

こちらのCAFE702さんは後日、個別記事で詳しく紹介します。

本当は夜までいたかったのですが、今回は曜日的に都合が合わなかったので、またの機会に。

 ケーブル・ロープウェーの営業時間を必ず公式サイトで確認してください。

赤い糸で良縁とな

食後は再び展望台へ♪

赤い糸 摩耶山

今回のお目当ての1つだった、この「針のモニュメント」に「赤い糸」を通したくて通したくて..

赤い糸はどこで買える

「赤い糸」は先ほどのCAFE702さんの隣にある「monte702」さんで購入可能です。

monte702 赤い糸

monte702 赤い糸

monte702さんでは、この他にも様々なグッズアイテムが販売されているので、CAFE702と合わせてチェックしてみてください。

摩耶山monte702

針のモニュメントに赤い糸を結ぶと良縁があるとか。
(完全に信じてキッチリ結びました..)

まやビューライン 赤い糸

良縁今年出てこいやー!と願いながら健気に撮影♡

まやビューライン 赤い糸

カップルならこんな感じて撮って更に愛が深まる?

まやビューライン 赤い糸

撮る向きはそれぞれ自由に

いや、ほんと。良縁に期待したいと思います。 誰かいませんか。←
(神戸生まれ、神戸育ち悪そうな奴は大体友達じゃありません。)

展望台から景色いろいろ

掬星台展望台

まやビューライン 景色

まやビューライン 景色

まやビューライン 景色

まやビューライン 景色

ポートアイランド・六甲アイランド・神戸の街並みを一望。

行く途中も帰りも絶景で楽しめる

まやビューライン

帰りの摩耶ケーブル

行くまでは摩耶ケーブル・ロープウェーで景色とアトラクション的な楽しさと、展望台エリア掬星台ではグルメと赤い糸に神戸の街並みを一望◎

まやビューライン

各所にベンチもあって、そこで休憩されている人もいます。
ウォーキングやハイキングにも人気のようで、ハイキング姿の方もいました。

まやビューライン

ベンチには運が良いと?ニャンコも

摩耶山・掬星台へは意外と行ったことがない!という人も多いのではないでしょうか。

針のモニュメント摩耶山

これからのおでかけ季節、是非チェックしてみてください♪

まやビューライン針のモニュメント

コロナ禍で人混みを避けたい人にも、特におすすめの摩耶山・掬星台でした。

帰りのバス時間に注意

摩耶ケーブルバス時刻表

バスの待ち時間を考慮して計画的に帰りたいところ

(私はバス30分くらい待ちました(笑))

掬星台の読み方

余談ですが、最初「掬星台」の読み方が分からず、 何て読むんだろうと思っていたら、掬星台(きくせいだい)でした。
これ初見で読めた人いますか... (私だけ読めなかった?)

まやビューラインでは、春休み子供無料キャンペーンもしてるので、こちらもチェックしてみてください。

【ロープウェー・ケーブルが子供無料】
まやビューラインで「春休み子ども無料キャンペーン」開催中、ロープウェーもケーブルも子供無料!

長編動画で訪問動画を見る

まやビューライン 動画

今回の訪問動画は約10分の長編に仕上がりました。
是非、下記 GENICKOBE YOUTUBEで見てみてください。

掬星台の赤い糸キャンペーン

まやビューライン・六甲有馬ロープウェー公式インスタグラムでは、フォロワーさん対象の『掬星台の赤い糸』プレゼントキャンペーン開催中です。

応募方法】
1️⃣「@mayarokko_ropeway」アカウントをフォロー
2️⃣摩耶ロープウェー星の駅2階「monte702」で販売している『掬星台の赤い糸』を購入
3️⃣掬星台の針のモニュメントに赤い糸に願いを込めて通した写真を撮影
4️⃣撮影した写真を「#掬星台の赤い糸」「#まやビューライン」のハッシュタグをつけて投稿

本投稿をストリーズにシェアや投稿にシェアをしてくれると嬉しいなぁ😍✨
シェアする際は、「@mayarokko_ropeway 」とメンションをつけてください❗️

【応募期間】
2022年3月3日(木)~2022年5月15日(日)

六甲山エリアにもマヤチャリやバスで

マヤチャリ

マヤチャリ...このネーミング天才ですね

ちなみに、今回訪れた掬星台から六甲山上バスで六甲山エリアにも行けますよ~。(公式サイト参照)
例えば、以前ご紹介した六甲サイレンスリゾートさんへ行ってみるのもいいですよね。

まやビューライン map

画像・公式サイト

【六甲山サイレンスリゾートでアフタヌーンティー】
【六甲山サイレンスリゾートのアフタヌーンティーへ】北欧感あるカフェ【ASTON MARTIN】

公式サイト

スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介する地域情報WEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報で港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Total Followers 45000 -

おすすめの記事