10万円の特別定額給付金 を郵送書類で申請してみました!
スポンサーリンク

コロナ救済 特別定額給付金を郵送で申請

今回、一律10万円の特別定額給付金を書類で申請してみました。
報道によると、記入漏れや必要書類のコピーが添付されていない場合が散見されるということなので、その辺りに注意しつつ記入して申請してみました。

給付対象者と受給権者

【給付対象者】
基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者

【受給権者】
給付対象者の属する世帯の世帯主

届いた書類

特別給付金10万 書き方

個人的には必要書類(本人確認書類)をコピーして、記入するべきところに記入するだけの簡潔な申請用紙だったのでスムーズに行えました。

特別給付金10万 書き方

郵送用紙に入っていたのは3枚。

申請用紙と説明用紙と返送用の袋の3点。

何か見れば見るほど難しく感じるのですが(笑)、実際記入する箇所は本当に少なくて、どこに何を書くべきなのかは見本の記入例に記載されています。

特別給付金10万 書き方

 申請は書いて終わり。ではなくて本人を証明するための書類のコピーを申請書に貼り付ける必要があります。

コピーした本人確認書類

今回は振込用の銀行キャッシュカードのコピーと健康保険証のコピーを貼り付けました。

 コンビニでコピー(費用10円)しました

このあたりは人によって通帳だったり運転免許証だったり用意できるものが違うと思うので参考までに。

コピーを用紙に張り付けて袋に入れてあとは郵送。

 切手不要です

自宅にコピープリンターがある人だと申請書到着から郵送まで短時間で終わると思います。

ポストに投函してあとは口座に振込待ち

今回は特別定額給付金の申請について紹介しました。

口座振込まで1か月半~2か月かかるそうなので、気長に待ちたいと思います。

コロナに負けない。がんばろう神戸。

特別給付金や詐欺に関する注意事項など詳しくは下記の公式サイトで確認してみてください。

給付金 公式サイト

よくあるミス報告

今回の給付金の申請でミスが発見されている事例を紹介します。
下記の通り。

「特別定額給付金を『希望』『不要』」という2つの選択肢に「不要」とチェックを入れてしまっている事例が多数発見されているそうです。

10万円 特別定額給付金 ミス 例

『希望』『不要』2択の項目

これ、確かに一瞬見たときに「?」となりましたが、給付金を希望するので「希望」にチェック(レ 記入)を入れましたけど、ほとんどの人が希望すると思うので、改めて聞かれていることに、少し戸惑ってしまいました。

 「いずれかにレ 記入が無い場合は『希望する』として取り扱います」と書かれてはいるけど、これがまた一瞬ややこしく見せるんですよね。

自治体を悩ませるチェックミス

自治体によっては「本人確認書類」のコピーが添付されているのに、上記で紹介したような「給付金を「希望しない」」にチェックが入っている場合などはミスとして扱い、本人に電話確認などが行われているそうです。

そのため自治体では確認作業に時間がかかってしまっているとのこと。

おすすめの記事
スポンサーリンク
About Us

神戸で話題の情報をシンプルにまとめて紹介する地域情報WEBマガジン「GENIC KOBE」
イベント・カフェ・お仕事・美容など神戸に関する様々な情報で港街神戸をデザインします。

- Thank you IG Followers 30000 -

おすすめの記事